鉄鳴きの麒麟児87タイトル2
2016年3月1日発売、近代麻雀掲載「鉄鳴きの麒麟児~歌舞伎町制圧編~」の感想です。

前回までのあらすじ

歌舞伎町の雀荘を制圧するために鈴司が訪れたのは「リンドンリンドン」。
そこではフィルという雀ゴロが別格の強さを見せていた。
一時は金が底をつき、見学にまわっていた雀荘メンバー湯島だったが、常連の客から金を借り、店長の代わりに席に着く。
そして、意表をついたチートイツをフィルに食らわせるのだった・・・!

感想

まさにデバサイ!!!

前回はまさかの湯島が復活する展開でしたね。
一一二五五八八➈➈55中中
というナゾすぎる2萬単騎リーチ。

これが見事にフィルの裏をかいて炸裂!!
立直一発七対子赤赤!12000点の3枚!!!

フィルは驚きつつも、すぐに冷静になり
「ダメだよ、下手なりにちゃんと打たなきゃ。」
それに対して湯島は
「アドバイスよりも早く祝儀くださーい♡」
と挑発。

結局15回戦目は湯島がその勢いのままトップ。
ラスはフィル。
さすがのフィルも少しずつイライラしてきたか!?
と思ったら、どうやらまだまだ冷静な様子。
「ぬるいよ。せいぜい古傷にしみる程度さ。」
そこからその「古傷」の回想に入ります。

このシルエットって・・・

鉄鳴きの麒麟児87-1
フィルの回想シーンに出てくるこの男。
シルエットが鈴司にしか見えない・・・www
鈴司のパパとかじゃないよね?そこんとこどうなのよwww

フィルの昔と今

鉄鳴きの麒麟児87-4
一応比べやすいかなと思って貼っときます。
貫禄。そして髭。
&目の充血。
あのくりゅくりゅーって瞳は、充血だよね?たぶんwww

回想シーンの戦いは

鉄鳴きの麒麟児87-3
けっこう前に掲載したフィルの過去についての続き。
フィルの絶対絶命のピンチに、さっきの鈴司シルエットの男が金貸しとして登場して、ついでに同卓します。
そこで、アシストしまくってあげてフィルを助けます。
「ここまで耐え抜いたキミのハートは泥山じゃない。鉄だ。」
というこの漫画のメインキーワード的なことまで発言。
かなり重要なキャラであることは間違いないですね!
そして、「さぁ続けようか未来の魔物クン。キミの知らない楽しい麻雀を見せてあげるよ。」
と男が言って今回は終了です。

次回はフィルがどういう風に覚醒したのかが明らかになりそうですね。(特に目www)

感想まとめ

毎回なんだけど、麻雀漫画で4人全員にドラマがあるってのも珍しい!
けっこう主役と敵!ってだけになりがちだからね。
他の人たちは空気みたいなwww
そういうとこが好きよ麒麟児は。