鉄鳴きの麒麟児117

2017年6月15日発売、近代麻雀掲載「鉄鳴きの麒麟児~歌舞伎町制圧編~」の感想です。

前回までのあらすじ

鉄鳴きの麒麟児 116話 感想(※ネタバレ) 雷紋亭編がついに決着!
「雷紋亭」店長カポネに勝てば代打ちとして紹介してもらえる約束をとりつけた鈴司。
鈴司だけ鳴いたら2000点を払わなければならないというとんでもなく理不尽なルールの中、それでも鳴き狂った鈴司はついにカポネから勝利を奪う!
代打ちとして紹介してもらえる条件を満たした鈴司。
次なる戦いの舞台は・・・?

感想

大きな勝負がついに終わった前回でしたね。
すっげぇカッコイイ締め方でしたw
そんな鈴司にひと時の平穏が訪れますが、小梅ちゃんの風邪がうつって雀荘に行くことができず、貧しい生活をおくっていたようですw

そこにカポネさんがやってきます。
ホームレスみたいな格好をしてw
まずは飯を食わせてくれと。

鈴司の飯
桐谷家の今日の朝食は、なんと白米と目玉焼きのみwww
しょうがないからカポネさんには白身をあげます。
どうでもいいが、貧しすぎでしょwww
小梅ちゃん栄養失調になっちゃうよw

なんで、カポネさんがホームレスみたいな格好をしてるのかというと、なんと雷紋亭の店長を辞めて無一文になったかららしいです。

無一文のカポネ
私財を全て売り払い、開店資金を極坂に全て返したのだとか。
それも鈴司なら魔人に勝てるかもしれないと、甘い夢を見たかららしいです。
自分の人生を鈴司に賭けたのでしょう。
カポネさん、前回から渋いキャラになってきましたw

そんなカポネさんが鈴司に出した条件は、来月ホーマーという雀荘で行われる大会「新宿東風戦最強決定ペナントレース」での優勝でした。

ペナントレース
ここで優勝すると代打ちを雇うセレブ達に売り出すには絶好のチャンスなんだとか。
つまり、魔人と闘うための1番の近道です。

ですが、このペナントレースは東京中の腕自慢が集まるビッグイベントです。
しかも賞金は100万円!
次々と強敵達が、出場に名乗りをあげます。

雀荘メンバーの猿田、湯鳥に・・・

鉄男
麻雀の天才・鉄男!

カンダタ
大ガラスのカンダタ!

フィル
リンドンリンドン最強のフィル!!

今までの登場キャラがわんさか出場を決意します!!
ずっと麒麟児を見てきた読者にはたまらんですな~!!!
まさにオールスター戦です。
ウータン店長とかも出場しないのかな・・・。
あとは、豪野プロとか!
マジで楽しみです!!

そんなペナントレースの話を聞いた鈴司。
優勝さえして、名前を売れれば魔人の元に必ず導くとカポネさんは約束します。

オマエの手でつかめるかね?
歌舞伎町最強の称号を?
もとい握れるか?
私と手を。

と、カポネさんに問われた鈴司は、力強い返事と共に固い握手をするのでした。

握手
今回はここで終了です。

まとめ

麒麟児盛り上がってきました~!!!
ファンにはたまらない展開ですw
僕は鉄男が好きなんですが、鉄男に活躍してほしいな。
どでかい手でガンガン攻めてほしいw
それとも新たなキャラが鈴司の行く手を阻むのでしょうか?!
早く続きが見たい!!!