鉄鳴きの麒麟児109
2017年2月1日発売、近代麻雀掲載「鉄鳴きの麒麟児~歌舞伎町制圧編~」の感想です。

前回までのあらすじ

雀荘「雷紋亭」の店長達との入会テスト中、「雷紋亭」のオーナーが突如現れる。
とんでもない金持ちで、2代目魔人を自分の雇った代打ちで倒す夢を持っていた。
だが、自分勝手な麻雀を打ち、鈴司にとっては邪魔な存在に・・・?!

感想


去年ね、ボクちゃんの企業150億稼いだんですよ。

という、冒頭からとんでもねぇ自慢をするオーナーw
そんなに金あるのに雀荘で小銭の奪い合いしてるおっさん達に混ざって打つのが好きらしい・・・。

何故なら、血眼になってる奴らを見ながら、金に物言わせた優雅な麻雀を楽しめるからwww

性格わるっ!
ホント悪そうな金持ちのイメージを詰め込んだようなキャラクターですな。
でもたまにフリー雀荘にもいるよね。
いくら負けても「いいんだ、金だけはあるから。」って人w

だが、鈴司は店長とのサシの勝負中。
金持ち野郎の絵合わせ麻雀になんか付き合ってられない・・・と無駄な振り込みをしないよう慎重にオリて打っていたのだが・・・

魔人に挑戦しようって人が迫力なさすぎじゃない?

と鈴司を挑発するオーナー。

そしてみんなが引き気味に打っているからか、どでかい手をツモアガる。
四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国ツモ:麻雀王国發:麻雀王国
ドラ發:麻雀王国四筒:麻雀王国

立直・ツモ・三色・撥・赤・金・ドラ4の三倍満の4000円オール。
するとオーナーは、みんなから集めた祝儀の1000円札をみて笑い出す。

普段、万札しか財布に入れてないし、支払いもカードだから1000円札っておもちゃに見えるね。
これ本当にお金なの?w

まさに庶民の敵w
鈴司もこれには少しカチンときます。

俺なんかシフトをフルに入れて働いても月収15万がいいとこ・・・。

華子も可哀想なヤツだぜ。
15万が限界の男と出会っちまって。

と華子との出会いを思い出す。

せめて、月収では勝てなくても卓上では勝ちてぇ・・・!!
だけど、今戦ってる相手はコイツじゃなく店長だ・・・。
分かっているけれど・・・。

と、悶々とするところで今回は終了です。

感想まとめ

これはオーナーも店長もぶっ飛ばすフラグかな??
さすがにこんな嫌な奴には勝ってほしいよねw
負けたら、見てるこっちがストレス溜まるわ!w