カイジ247
2017年5月29日発売、ヤングマガジン掲載「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の247話「履行」の感想です。

前回までのあらすじ

カイジ ワンポーカー編 246話 感想(※ネタバレ)
救出ゲームでチャンとマリオの命を救ったカイジは、帝愛グループ会長の息子・和也と一張り2億のギャンブル「ワン・ポーカー」をすることに・・・。
24回戦目、カイジは自分が勝ちだと宣言しカードの中身を和也に教えるのだが、和也はそれを信じず赤ライフを賭け勝負に出るのだった。
そしてカードはついに開かれ、3と2でカイジの勝利となった。
和也は驚きのあまり、負けを認めようとしなかったのだが、ソフィーは敗者処刑システムを和也に実行しようとする・・・。

感想

敗者処刑システムがついに実行されようとしてます。
あ、履行かw
果たして和也はどうなってしまうのか。

カイジはカードが開かれる前辺りからずっと頭を抱えて塞ぎ込んでるだけだったんですが・・・

喋るカイジ
ついに喋ります。
それは死の恐怖で正気を保てない和也の意識を戻すためでした。

処刑台
和也は自分が落とされようとしてる下を覗き込みます・・・。
怖っ・・・!
高所恐怖症の僕なら失禁物です。

そして和也の頭の中で蘇る勝負の記憶・・・。
そう、カイジが言った勝負前の数字です!

カイジが言った数字
和也・・・お前は2で
オレは3だ・・・!

やっぱりカイジは本当の数字を言ってましたね。
和也のためを思って、勝負を降ろさせるために・・・。
そんなカイジの優しさを和也はこう受け止めました。

本当のこと言うなよ
騙したな・・・。
オレの性格から鑑みてわざと本当のことを言ったんだ。
オレがレイズするよう仕向けた!

言うなよオレに・・・本当のことなど!

否定するカイジでしたが・・・、騙されたと和也は泣いて悔しがります。
だけどソフィーにはそんなこと関係ありません。
約束を履行するだけです・・・。
そして、ゆっくり椅子が後ろに倒れ始めました!

椅子が倒れる
カイジは救済チャンスのリモコンが滑り落ちないように、リモコンを持つよう和也に促します。
そして必死にポケットをまさぐりリモコンを持つ和也。
諦めないよう必死に声援するカイジ・・・。

ついには、

駆け寄るカイジ
ベルトを外して和也のソバへと駆け寄るのでした・・・。
果たして和也は生還することができるのか?
ここで今回は終了です。

まとめ

カイジは必死に和也を生かそうとしてますね。
これ・・・和也が救済チャンスをモノにして生き残って2人が親友になる的なオチもありそうな予感が・・・。
どうでしょうかw
めちゃくちゃありそうだけどなーw
ちなみに来週は休載ですwww
ちきしょう!w