アカギ283タイトル
2016年3月1日発売、近代麻雀掲載「アカギ」の感想です。

前回までのあらすじ

国士聴牌から大三元へと方向性を変えた鷲巣。
あと一つでも対子ができれば、コンビ打ちによって上がりは確定してしまう。
一方アカギはソーズのチンイツ聴牌、5索単騎待ち!!
果たしてツモることはできるのか・・・

感想

現在のアカギの手牌はこんな感じ。
1111235s カン8888s カン6666s
ツモ番を増やすために、カンをしまくった結果こんな変な形になっちゃいましたね。

そしてアカギのツモ番から今週号スタート。
仰木も安岡も、鷲巣の部下も固唾を飲んで見守っている・・・。

アカギ283-1
スッ・・・

アカギ283-5
5索!5索!!5索!!!

アカギ283-2
チラリ。

アカギ283-3
うぅ・・・!!!!

・・・が、
アカギ283-4
引けず・・・!!!

案の定、アカギは5索をひけませんでした。
だがしかし!
ツモってきたのは2索!!!!
5索じゃないのかぁ・・・みたいな雰囲気ですけども、ソーズをまたもってくるだけでも凄すぎるwww
アカギも鷲巣も常人では考えられないレベルの運量ですね。

形は
1111235s ツモ2s 明槓8888s 明槓6666s
こうなるわけなんで、当然
1111223s 打5s 明槓8888s 明槓6666s
として、2索と3索待ちにするのかと思いますよね??

しかし、アカギがとった選択は・・・

アカギ283-6
カン!!!

カンですよカン。
いやぁ、全然予想してなかったんで、仰木と同じリアクションとってしまいましたwww
2235s 暗槓1111s 明槓8888s 明槓6666s
そして手牌はこうなってカン4索待ちに・・・。

最後にアカギは
アカギ283-7
まだだ・・・!まだ殺しうる!鷲巣巌を!
と言って今週は終わりです。

次回は嶺上牌をツモるとこからですね!
いよいよ鷲巣麻雀も大詰め。
3槓子してるっていうのも面白い展開です。
2索をもう一個もってきて、安岡が2索を鳴かせる・・・という展開も見えてきてるのかなぁ。
いずれにしても、見逃せないですね!!!